MacのLANアダプタ使ってみた!

今回は、MacのThunderbolt - FireWireアダプタを使ってみたのでその感想をお伝えします。
2016年から採用されているMacBookのThunderboltポートに対応したアダプタです。

15.png

2016からMacに採用されたThunderboltポートに対応したThunderbolt - FireWireアダプタを今回は使ってみた。
自宅では、無線LANを使っていたので、何かあった時にと購入していた「Apple Thunderbolt - FireWireアダプタ」を使ってみました。

日頃から使っているビジネスホテルは無線LANが対応しているのですが、今回利用させて頂いているホテルは無線LANが対応してなかったので、アダプタを使ってLANケーブルを繋いだ。

LANケーブルは一応、ホテル側が用意してくれている送受信速度が早いタイプを利用。
欲を言えば、もう少し長いのが良かったかな・・PCを使う場所が限られてしまって・・・
でも環境が有るだけ有難い。

で、「Apple Thunderbolt - FireWireアダプタ」を使った感想ですが、率直な意見としては、普通です。
普通と言っても悪い意味ではなく、違和感なく使える感じですね。
とは言え、これまでは、PCに直接LANケーブルを繋げていたので、少し煩わしいのかも。
ですが、これはこれでありだと思います。直接繋げるのは、その部分が壊れてしまったら、PC自体の価値が下がることもあるだろうし、アダプタなら、このアダプタを交換することでそこは回避できますからね。

持ち運びとしても、大きなものじゃないので、バックのポケットに入れておけば不憫は感じられない。
2016からのMacではThunderboltポートのみになってしまったので、これまでのUSBポートになれていた分、違和感が会ったのですが、使い始めて約1年。慣れれば断然Thunderboltポート方が使い勝手がいい!

理由は簡単、ケーブルを選ぶ必要がない!全て同じものでつなぐことができるので、Thunderboltポートの方が、将来的に色々とかさばらないと個人的に思います。

ただ、少し難点というか、気になる点がある。
それは、アダプタ類の熱の発しかたが結構やばい気がすること、
ま〜処理によっての発熱なのだと思うのですが、この辺は改良を期待したいですね。

今では、色々とThunderboltポート用のアダプタが販売されていますが、Macユーザーとしては、
正規のアダプタを使いたいと言う気持ちがありますよね。(個人の見解ですよ。)

で、Amazonで探したら普通に販売されていました。

>>Apple Thunderbolt - FireWireアダプタをAmazonでチェック!



この記事へのコメント