これから始めるSEO内部対策の教科書の感想と評価

今回はホームページやブログのSEO(検索エンジン最適化)に困ってらっしゃる方のために、
「これから始めるSEO内部対策の教科書」と言うSEO対策の本をご紹介しよと思います。

8.png

この本は基本的なSEO対策の方法が詰まったSEO初心者のための書籍の一つになります。

ここ数年、検索エンジンのアルゴリズムが大きく変わったような話題はネット上にも流れていませんので今回ご紹介する書籍の内容はまだまだ利用価値があると思います。

基本的なSEO対策の考え方とその対処法がしっかりと書かれた本ですので、マスターすればWebサイトはもちろんブログも上位検索されるようになるのではないでしょうか。

マスターまで行かなくとも、この本を参考書として手元に持たれているだけで価値はあると思います。
社内でWeb担当などされている方は、この本をバックの中に入れおけば、いざという時に役立つかもしれません。

この本の内容の一つとしてタイトルの重要性やキーワードの適切な位置など紹介されています。
実際にSEO対策の現場で指導していた内容と同じものですので実践的な参考書だなと感じています。

SEO対策がなされていないサイトは間違った対策をされているのが現状ですので、しっかりとこの本に書かれた対策を施せばサイトはこれまでより上位に浮上するんじゃないでしょうか。

今も尚、SEO対策に対して当たり障りのない情報を提供する本が散漫するなか、この「これから始めるSEO内部対策の教科書」は、まともな内容が掲載された数少ない書籍の一冊だと言ってもいいでしょう。

未だ、外部リンクが効果があるなどと訴える書籍がありますが、現在もっとも効率がいい対策としては、ページ内部をしっかりと作り上げる!こう言った正当な情報提供をされているのがこの本の最大の魅力の一つかもしれません


実績にSEO対策の現場にいて教えていた立場から考えても、この書籍は信用できる内容となっていますので自信を持ってご紹介ができます。

ただ、先ほどからお伝えしているように、あくまでも基本的な対策を提案している書籍になるので、継続して行うSEO対策や高度な処置を行えるような内容ではありません。ですが、ここに書かれている情報だけでもこれまで試行錯誤されていた方にとっては良い参考書として活用できるものだと思います。

この書籍、Amazonでも見かけたので、気になる方は
>>これから始めるSEO内部対策の教科書をAmazonでチェック!



この記事へのコメント