BUFFALOのHDDを使ってみた感想と評価

今回は、手軽に持ち運びができる「BUFFALO ミニステーション ポータブルHDD」を紹介します。
今までにない安定した性能で信頼できるHDDです。

6.png

BUFFALOは比較的安定した性能を持っているので、いつもバッファローの機器を利用しています。
特に外付けハードと言われるこのタイプは、パソコンの動作を維持するためには必須です。

パソコン内蔵にもハードが2TBあるのですが、ソフトやシステムの可動領域を考えるとやはり普段利用しないデータは全て外付けハードに収納しとくのが無難です。

今回の外付けハードは、これまで購入した外付けハードとは違った安定せいを持っているので、ネットでも未だ人気の機種です。

一番嬉しいのは、MacとWindowsへ併用して使えると言うことですね。
これまでの外付けハードは使う前にMacかWindowsどちらかを選び使う必要があり、途中で使うPCを変えることはできませんでした。
一度完全にフォーマット(データを決して初期化)する必要がありデータのバックアップも大変でしたが、このBUFFALO ミニステーション ターボPC EX2対応 USB3.0ポータブルHDDは、何も設定しなくてもMac、Windows共に正常に動作しています。

作業効率が上がること間違いなしです。
またハードディスが稼働する際にでる音も使用頻度が多い時でもかすかに聞こえる程度、これまでのものとは明らかに違います。

熱を帯びることはこれまでありませんし、ハードが激しく回るのこともあまりません。
目立つ問題点もないので現状で一番おすすめできる外付けハードディスクになります。

USBも読み込み、吐き出し共に安定した速度のUSB3.0が採用されているので、スムーズなデータ転送と書き込みが可能です。

大容量の動画でさえ、ものの数秒〜1、2分で程度でデータを移動することができます。
(パソコンや状況に応じて処理速度は変わります。)

これまで3年ぐらい使っていて誤作動もありませんので、本当にオススメな外付けハードディスクになります。
デザインもシンプルで飽きのこないものになっているのでパソコン周りがスッキリした印象になります。

このBUFFALO ミニステーション ポータブルHDDの詳細な情報を見たい方は
私はこの外付けハードディスクもAmazonで購入しました。

>>AmazonでBUFFALO ミニステーション ポータブルHDDチェック!


この記事へのコメント